Alexaの読み上げ機能に思いを馳せる

ついに、Alexaで本を読む機能が追加されました。
Amazon.co.jp ヘルプ: AlexaでKindle本を読む

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック

kindleの積み本をしてしまうユーザーには朗報では無いでしょうか?。
今回は、早速Alexaの読み上げ機能を使って見た感想を書いていきたいと思います。

今までの本読み上げサービス

既存、本読み上げツールとして「オーディオブック」というものがあります。
プロの読み手が本を全て読み上げたものを聞くことができます。

私は以前、Audibleというサービスを使っていました。

私はこのアプリケーションはかなり好きです。
値段も手頃なで、作業しながら、一冊本を読めるというのは画期的だと感じていました。

www.audible.co.jp

ほぼほぼ満足していたのですが、色々問題点があります。

  • 本当に忙しい時はながら聞きできない。結局料金分使えない。
  • スマホアプリ版が無いから、PCを絶対立ち上げないといけない。
  • 読みたい本がまだ対応していない場合もある。

結局、退会してしまいましたが、上記の事が解決されれば私自身いうことはありませんでした。

そしてkindleの読み上げ機能

今回発表されたkindleの読み上げ機能が追加されました。 この機能については、私が感じている次の事を解決できると考えます。

  • 本当に忙しい時はながら聞きできない。結局料金分使えない。
  • スマホアプリ版が無いから、PCを絶対立ち上げないといけない。
  • 読みたい本がまだ対応していない場合もある。

実際に使って見た感想

手元にある、技術本、エッセイ、自己啓発本を一通り聞いて見ました。
ただし、対応している本としていない本がありますのでそこは注意してください。
当たり前ですが、漫画やカタログ、官能小説(今後対応するかもしれませんが…)は読み上げてくれません。

ちまみに、kindle読み上げに対応しているしていないについては、本の詳細から確認する事ができます。

f:id:nakahashi_h:20180223215859p:plain

良い点

  • 無料なのですでに購入したkindle本は対応していれば読み上げてくれる。
  • スマートフォンもPCもいらないので、ながら作業で聞くのに適している。
  • kindleのデータはおそらくストリーミングで流しているので、記憶媒体(HDとかメモリーカード)の容量を気にする必要が無い。

悪い点

  • 英語の読み上げが想定したように読み上げてくれない。
    おそらく、日本語設定だからだと思いますが、英語の単語の発音を文字で読み上げてしまうときがあります。
    「.com」を「どっとしーおーえむ」と読み上げたりします。
  • 本のタイトルが聞き取れない事が頻発にある。
  • (前述しましたが)全ての本が 対応している訳では無い。
  • 人間の声では無いので、聴き続けるのは疲れる。
    抑揚があまり無いので、同じ音調で聴き続けるのは苦痛に感じます。

悩みどころ

  • 声質が大人
    これは、私の主観ですが、google homeline cloverに比べて若干大人びています
    皆口さんのような柔らかい感じのお姉さんや、若い子の声を求めている方には向かないかもしれません。

総評

感動はしましたが、実用レベルかというとまだまだな気がします

色々使って見ましたが、まだ聴き続けるのは大変です。
アナウンサーは、抑揚があるので聞いていて自然に聴けますが、抑揚が無いので聞いていて疲れてしまいます。
なんだか、学生の頃の朗読を聞いている気分にさえなりました。

致命的なのが、本のタイトルが難しかったりすると聞き取ってくれない事が頻繁にある事です。
手軽に、本を読めるのがメリットなのに、聞き取ってもらえないとストレスになってしまいます。
…滑舌が悪い人にとっても使えるような状態になっていないのは悔しいです。

ただ、毎日のニュースをalexaに読み上げてもらっているせいか、合成音声も耳に馴染み始めたのは事実です。
不満に思っていた事についてもいずれ改善された状態になると思いますし、今後に期待したいです。

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック

個人的には…

Alexaのスキルに「Audible」がつくか、トークロイドが読み上げてくれたらもうなにもいう事はありません。